雨宿り




ガガガッ

酷く耳障りな音が鳴った。先程からずっと第七師団団長に呼びかける声が聞こえる。

“第七師団団長!!応答しろ!”


もう何度目だ?いい加減出ろよ、すっとこどっこいが。


   耳障りな雑音と止まない雨音が、軒を叩いた。狭い軒下を雨が伝い落ちてくる。それを阿伏兎は傘で弄ぶ。傘が水をはじくのを、唯見つめる。
 ふと遠くを眺めると、鬱蒼とした木々が目に入る。この星は雨が多いらしく、数日前からずっと降り続けている。おかげで日の光にさらされる事がなく、体力を削られないから夜兎にとっては戦いやすい。
 激しい雨音。何度目か判らない、春雨本体からの呼びかけの音。騒々しいが、静寂。神威がここにいないという静寂。


「阿伏兎、独り言の声大きいよ?」

 突然、目の前に聞き慣れた声を持つ顔が現れた。阿伏兎が見慣れた顔と少し違うと感じたのは、顔が逆さまだったからだ。直ぐ側にある木の枝に足をひっかけ、ぶら下がっている。器用な事をする。

「お久し振りですねぇ、第七師団団長、神威殿。今まで一体何処にいらしてたんですか」


   嫌みたっぷりに丁寧に言ってやった。どうせ反省しないだろうから。

 神威がいつもの張り付いた笑顔とは少し違う顔で笑う。器用に一回転して地面に着地した神威が、阿伏兎の目の前に立った。ジロジロと阿伏兎の顔を見る。

「…また悪い癖が出たんだね、阿伏兎」

雨が洗い流したと思っていたが、矢張り手負ってるのは隠せなかったか、と自嘲する。唇の端の傷を、舐めた。

「向こうが殺す気満々できたら、こっちも同じ気持ちで臨まないと。例え相手が同族でも、さ」

 コイツ、相手の都合なんて考えた事あんのか? 非難の気持ちが湧いてきたが、口にはしなかった。曲がりなりにも団長だ。

「有難いお言葉をどうも。団長殿」

言い終わるか終わらないかの瞬間、阿伏兎が前のめりになる。神威に、引き寄せられてそうなっていると判った瞬間。

神威の熱い舌が、阿伏兎の唇の傷を舐めた。
「うん、血の味」

神威はいつものように、笑っていた。
阿伏兎も、少しだけギクリとしたが、直ぐに普段の様子を取り戻す。

「気がすんだら、そろそろ無線に応答したらどうだ…」

無線はもう、うんともすんとも言っていない。


雨音だけという孤独な世界。

しかし、静寂ではない。


「行こうか、阿伏兎」

やけに響く音で、神威が告げた


【終わり】
ヒトコト
ノートに描いた漫画を小説にしてみました。文字にすると凄く短い事がわかりました…。

inserted by FC2 system