【週刊銀高さん「白夜叉×万事屋晋ちゃん」】「唇譜」




ジリリリリリリ!!

それ程広くはない事務所の中に、黒電話の音が鳴り響いた。
商売を始めてから大分時は経つが、物が少ないせいか部屋の中の音がやたら反響する。

 窓際の社長の椅子に深々と腰掛け、煙管の煙をくゆらせながら煩そうに電話を見つめる男。黒髪で左目は意味深に包帯で隠されている。
今は他に誰も電話を取る者がいない。もう業務時間ではないからだ。いかにも仕方ないといった緩慢な動きで受話器を取った。

「はい、万事屋」

 受話器の向こうから聞こえてきたのは、知っている声だった。声の主は用件だけを短く伝えて切ってしまった。



 場末も場末といった感じのホテル街に、黒髪隻眼の男は立っていた。万事屋を営む彼は高杉晋助という。

 晋助は先程の電話の相手が指定したホテルを探していた。
  やがてそれらしい看板を掲げるホテル…というか、連れ込み宿を見つけ、フロント…受け付けに座っている人物を一瞥する。一見、男か女か判らなかった。
派手な女物の着物を纏って、化粧をしていたので女だと思ったのだが、3階まで行く事と部屋番号を口頭でだるそうに伝える声は男の声だった。
客は他にいないらしい。

 古い建物で、おかしな増築を施されていた。斜めの壁や床のせいで廊下を歩いてるだけで浮遊感が漂う。
そして受付の人物の着物の柄そのものと言ってもいいような、派手な壁紙や装飾。

 三階まで階段で上がり、部屋番号を確認する。奥の部屋で、ドアは派手な紫だった。一応、ノックをする。

「おう」

 声がしてから少しして、ドアが中側に開き、白髪頭の男の顔がぬっと出てきた。
不健康そうな白い肌と、晋助の着物とそっくりの白い着物。唐草模様の黒い羽織を肩からかけている。口元は笑っているが、目が笑っていない。
中に入れとばかりに男はドアを開いたままで奥へと入っていくが、晋助は入り口に突っ立ったまま。

「入れば」

白髪頭の男はそう言って訝し気に晋助を見つめた。

「…なんのつもりだ?」

晋助は乾いた唇を舐めて、それだけ言った。

「なんのつもりって何」

ゆったりと腕を組んで男が高杉の目の前まで戻ってくる。
動作は柔らかいのに威圧感がある。あの頃と、10年前と変わっていない。寧ろ年をとった分増したようだ。

しかし晋助はそれには怯むことなく、怒りを滲ませず淡々と伝える。困った客の対応も仕事の内。

「ウチはな、デリヘルはやってねぇ。悪戯電話してくんな」

「えぇ、やってないの?」

 先程の電話ではこの男、万事屋の社員である木島また子を指名してきたのだ。そのくせ現れたのが晋助だった事に文句を言うでもないから悪戯以外の何物でもない。

「白々しい…。 テメェのシモの世話以外だったら相談次第でなんでも引き受けるよ、お客様」

 そう言って晋助が踵を返すと、突然強い力で手首を掴まれて、部屋の中に引き摺り込まれた。

「いっ…!」

 晋助は痛いと言いかけたが、それを飲み込む。カチリという金属音がいやに耳に響いて鳥肌がたった。

 お互いの息がかかる程の至近距離で向かい合っていた。
晋助は相手の方が背が高い事もあったのだが、目を見る事が出来ずに唇を見つめた。目を見てはいけない気がした。

「銀時」

男の名前を、呼ぶ。晋助が見つめる銀時の唇が、くっと笑みの形を作った。


【終わり】
ヒトコト(2017/08/26)
Twitterの「週刊銀高」さんの2017年07月22日のお題「白夜叉×万事屋晋ちゃん」。
逆魂とも呼ばれているそうで、初めて書きました。白晋。思ったよりも銀時が書きやすい気がします。やさぐれ銀時。

inserted by FC2 system